旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 畳の大事なところ。TOPお寺の畳替え ≫ 畳の大事なところ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

畳の大事なところ。

宇多津町 圓通寺様より

畳の新調と張替えをご依頼 頂きました。

張替え部分は現場で行ないました。

社長不在でしたが一から全部、

工場長が指揮を取り

職人 皆で頑張りました

社長不在と言っても

一級技能士が現場に二名居ますから大丈夫です


施工前を撮るのを忘れたので施工中ではありますが・・・

施工中

敷居の所と畳の所で大きく段差が付いているのが

お分かりいただけるでしょうか?


先日、主人の応援について行った

技能グランプリの畳製作の所に

掲げてある競技のポイント説明看板に

とっても良いことが書いてありました!!

技能グランプリ畳製作の看板☆

畳を作る上で大切なことは、きちんと寸法を測り

材料を切って行くことです。

この寸法が間違っているといくら立派な畳を作っても

商品価値は無くなります。



そう!

そこが一番重要で、

そこを私達畳屋(畳職人)は一番見て欲しい部分。


張替えれば、新しくすれば

国産イ草農家さんが頑張って作ってくれてますから

お客さんが選んでくれた良い物を使うわけですから

青い明るい畳になる事自体は凄く当たり前な事なんです。

新しいものに替わるのですから。

畳縁が綺麗になるのも当たり前なんです。

新しいものに替わるのですから。


見て欲しい本当に価値のある場所は寸法なんです。

張替えならば隙間を直したり、段差を埋めたり。

新調ならばきちんと正確に測って合わせて作る。

これが畳屋のお仕事です。

一針入魂!!

一針入魂 技が光ります

ピッタリ!!

中の広い部分の畳は新畳です。厚みもきちんと合わせました。

伝わりますでしょうか?(汗)



廊下は張替えです。これまた施工前はありませんが

柱の横で出っ張っている部分に沿って

そのまま隙間があいていたのも

きちんと隙間無く埋まりました。

11005893_719742744809653_1644295715_n.jpg
廊下の張替えもビシッ!と
11005673_719742788142982_1143634187_n.jpg
バシッと!


DSCN0108.jpg

そして床の間の紋縁も欠ける事無く・・・
DSCN0107.jpg
無事納品。
11004672_719687038148557_877926994_n.jpg

て、天井に時代劇に出てくる籠が・・・

歴史的な建造物の畳替えをご用命頂き感謝です

香川県で畳のことなら

有限会社 山下畳商店

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。