旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 蝶番?丁番? てふつがひ。TOPふすま・襖・フスマ♪ ≫ 蝶番?丁番? てふつがひ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

蝶番?丁番? てふつがひ。

11082818_734957559954838_2099564054_n.jpg

チョウ、ネコ、鴨ー。

これらの生き物に共通することとは?



実はこれらはあらゆる建築にこっそり潜んでいる。ひそんでる。

扉のつり元に使われる丁番(ちょうばん)は、

チョウの形が由来といわれる。

和室の、ふすまの上枠は『鴨』居だ。

ネコは身近なためか

使用例が多い。

鉄骨からちょこっと飛び出す

取り付け用の金物の名前が『ネコ

工事現場で見かける運搬用の一輪車も『ネコ

体育館などで高い位置にある

メンテナンス用の通路は

キャットウオーク』 だ。

家の周囲を取り囲む細い通路は

犬走り』 という。

また、水の出口は『蛇』口『カラン』とも呼ぶが

これはオランダ語で『鶴』をさす言葉から来ているという。

工事現場の『クレーン』 も 『鶴』 だ。

~省略~

多くの職種が集まって

一つのものを作り上げる建築の現場。


なるべく身近な言葉で

言い表そうとしてきた結果かもしれない。

一級建築士 都築正宏 

~四国新聞より~


私は

よく丁番なのか蝶番なのかで悩む。

丁番は ちょうばん と読むが

蝶番は ちょうつがい とも ちょうばん とも読む。

ネット検索で ちょうばん と入れ込むと先に出てくるのは丁番。

後のほうで蝶番も出てくる。

ちょうつがい と打つと、すぐ蝶番 が出てくる。

元々は蝶番(ちょうつがい)が正しいけれど

簡略化の当て字の丁番(ちょうばん)が主流になっている。

ちょうつがい は言いにくいし、

蝶 は書きにくいから 

丁番(ちょうばん)が主流になったのでしょう。

自分が実際現場に立って数量読むときに

蝶番なんてサッと書けるか疑問。

下手をすればとりあえず

ひらがなで書くかも・・・

こんな所にも

趣が無くなってしまう事が起きている

何か切なひ・・・

てふつがひ。





Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。