旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ そこに 一手間をかける理由。TOP新襖製作 ≫ そこに 一手間をかける理由。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

そこに 一手間をかける理由。

観音寺市Y様邸

仮合わせ に行ってまいりました。

柱と襖のぶつかるところの 歪みの開き具合や

襖同士の開き具合を調整に入ります。

隙間のない襖を作るための作業です。



新築で真っ直ぐな柱なら ここまでする必要は

無いかもしれませんが

昔ながらのお家 築年数のあるお家ですと

屋根の瓦の重みや二階の重みで鴨居が下がってきたり

しますし敷居も掘れていたり、色々なっています。

しかし昔ながらの木造は削ったり調整が出来るので

そこはメリットとも言えるでしょう。

工場で出来てくる家とか 大工さんが

直せなかったりするので

逆に後々 高くつくかもしれませんね。。

メーカーが倒れたら最悪です。

部品すら取れなくなりますから

私達でも直してあげることが出来なくなります。

たまにあるんです、お客様の所で 調整できないような

部材・建材が使われていて 

戸が開かなくなっていたりすることが。

どちらで建てられました?

お聞きすると 既に無くなっている 

建築会社だったり・・・

やっぱり・・・変な材料使うと

その時は良くても 後が大変なんだなぁ。。と

反面教師?の様に学ばせていただいたり。

11924694_810848612365732_642210760_n.jpg

せっかくの新調襖ですので 出来る限り隙間を作らない様に

ベースの中身の時点で 削って合わせます。

そうすることで

柱と襖の間に 隙間を作らない様にします。

あまりねじれてる様な柱のときは限界がありますが

出来るだけ隙間を作らない様にします。


もう一つ 仮あわせと言う 手間をかける理由

無駄に 新しい襖の縁を削らなくて済みます。

新しい襖の縁が 極端に太いところや細いところが

出来ないようにする為です。

紙は綺麗なのに縁が不恰好になるのが嫌なのです。

襖も奥が深いので畳同様 知れば知るほど難しいです。

この襖新調の際に行なう 仮合わせの為に

お客様に お会いする日が1日(→1時間程度?)

増えますが これから共にしていく

襖の為にも お手間を取りますが

少しの時間 作業に入らせてください。

なので弊社は

襖の採寸(お見積もり)
  ↓
仮合わせ
  ↓
納品 と 最低3回 は襖の新調の際は

お客様のお宅に上がらせていただきます。

11938978_810848592365734_423267168_n.jpg


11937897_810849352365658_82463984_n.jpg

畳縁は 麻の葉柄。 私 麻の葉柄好きなんです。

建具屋さんの 組子細工のとか 

カッコイイ!って見ちゃいます。

職人の間では 合わせるのが大変と

評判の?笑 この畳縁です。


職人が言う、合わせるのが大変。とか聞くと

嬉しくなっちゃいます (決して ドSではない。)

頑張って 合わせようとしてるんだなって。

頑張ってるんだなって。

何も 考えないで 雑に作る人は

合わせるのが大変。って

作るの大変って 言わないから。



畳も 襖も 合わせたり

きちんと作ることが大変なんです。

そこはプロなので

いちいち言いませんが。

ん? 今思いっきり 言っちゃってた(笑)

お客様の前では言いませんので。 

多分・・・




畳・襖・網戸・障子

有限会社 山下畳商店

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。