旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2015年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP香川 畳屋 ≫ 白い勲章

白い勲章

11937897_810849352365658_82463984_n.jpg

観音寺市  大野原町 Y様邸

畳表/和田麻麻w熟成
畳縁/鯔背 麻№50

11939003_814103135373613_421252803_n.jpg

奥の八畳・六畳は表替え致しました。
 (口ゴザ2枚入れ+プラコーナー仕上げ)

口ゴザ・・・畳の端っこの へにゃって 薄くなっている部分の
厚みを畳表(たたみおもて) で調整します。

プラコーナー・・・角をシャキッとよみがえらせます。

ただ張り替えるだけでは ありません。
補修しながら あんばい見ながら張替えしていきます。


隙間無く・角はシャキッと

11940440_804054003047674_1941141446_n.jpg


11921958_804054033047671_1723675950_n.jpg


手前の4畳は畳の新調 ワラ床+プラコーナー仕上げです。

今回 座板から全て直しました

11931743_814103175373609_1512573248_n.jpg

襖の張替え 襖紙/江戸本更紗 

11937890_813213175462609_688942586_n.jpg

11911381_814103172040276_726393373_n.jpg

グリーンで統一感。 畳縁も緑色 

襖の柄もおちついた緑色をお選びになられました

11908269_814103128706947_409303086_n.jpg

襖の新調

襖紙/あかつき№672 
おとなしめの上品な柄です。
襖縁/新カシュー(黒ふち)

11913567_814103148706945_1381047152_n.jpg
先日の仮合わせの効果あって
建て付け(隙間無く ビシャッとバッチリ)

11948104_814103142040279_683938529_n.jpg
こちらも バッチリ。

11880732_805322819584978_1869093400_n.jpg

以前 会長が頂きました 黄綬褒章の表彰状。

この前 畳を施工させて頂いた

他のお客様宅にありましたのは

青い褒章。

褒章にはそれぞれカラーがありまして

それは ランクではなく、分野によって色が違うんです。



紅綬褒章 こうじゅほうしょう
自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した方

緑綬褒章 りょくじゅほうしょう
長年にわたり社会に奉仕する活動
(ボランティア活動)に従事し、顕著な実績を挙げた方


黄綬褒章おうじゅほうしょう
農業、商業、工業等の業務に精励し、
他の模範となるような技術や事績を有する方


紫綬褒章 しじゅほうしょう

科学技術分野における発明・発見や、
学術及びスポーツ・芸術文化分野における優れた業績を挙げた方


藍綬褒章 らんじゅほうしょう
・会社経営、各種団体での活動等を通じて、
産業の振興、社会福祉の増進等に優れた業績を挙げた方

・国や地方公共団体から依頼されて行われる
公共の事務(保護司、民生・児童委員、調停委員等の事務)に尽力した方


紺綬褒章 こんじゅほうしょう
公益のため私財を寄附した方

弊社二代目は 黄綬褒章を賜りました。
なので私が拝見させて頂いた

青い色の藍綬褒章(らんじゅほうしょう)は
事務などでご尽力された方の賞状でした。

そのお父さんはもうお亡くなりになられていましたが
園遊会にもご招待されておられ、
園遊会はよく TVでも流れますが

お庭に沢山の著名な方が集まって 天皇陛下に
お会いできるそれだけで大変名誉なことなのです。
宮内庁よりの 招待状を見せて頂きました。
菊の紋が入っておりました。


今回 納品の際、ふと 

賞状に目を向けると

日本国天皇の文字と共に

白い勲章(褒章とはまた別)の絵 が目に入りました。

白い色ってなんだろう・・・??

と思った私は 

Yさんのおばぁちゃんが

通りかかったので

おばぁちゃんに ご家族のどなたか

勲章を頂いてらっしゃるんですか?と

お聞きすると

おばぁちゃんのお父さんが

おばぁちゃんが三歳の頃に

戦死されたそうです。

その時に頂いた物なのだそうです。

もう一度目を向けると

確かに 故○○ ○○は

と書かれていて

亡くなっていることが分かります。

おばぁちゃんは

勲章もらっとんな?と

やはり三歳と小さいときに亡くなられているので

詳しくはわかってらっしゃらないご様子でしたので

戦後70年

お伝え出来て 良かったな・・・と思いました。

勲章自体はしまわれてあるのか

お見受けできませんでしたが

表彰状の隣に

おばぁちゃんの お父さんの

肖像画が 飾られていて

軍服を着ておられ 胸に白い勲章が

飾られてありました。

お父さん 若かったです。。。



この間も ロードショーで放映されていた

永遠の0(ゼロ)

子供が出来て 年が寄り 涙腺の緩くなった

私達は涙しながら見ました(見るのは2度目)

日本を守る為 戦ってくれた人たちのおかげで

今があることを忘れてはいけない。

私はもっと歴史を知らなければならないと思いました。


以前から 三代目には お前は本を読め。と

言われ続けてまいりましたが

ようやく重い腰があがりそうです。

歴女(歴史に詳しい女性)になりたい。 2015 8月


皆さんは 日本の正しい歴史をよくご存知ですか?

















Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL