旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 国産畳表と中国産畳表の違い②TOP国産畳   ≫ 国産畳表と中国産畳表の違い②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

国産畳表と中国産畳表の違い②

中国産畳表が日に焼けた状態

畳替えを引き取りに行った時の畳の写真ですトラック

ご指定がない場合ほぼ100%近くの割合で

中国産の畳表畳が使われています。

価格が国産に比べて安価なので

頻繁に畳替えされるお部屋回転に適しています。


中国産の安いものは、焼けると茶色い筋が目立ちます。

中国産はい草の刈り取りの時期が国産に比べて

1~2か月早そうですい草

長いものほど良いとされるイ草を成長途中で刈ってしまうのですがっくり

イ草の断面写真

イ草の断面写真です。このようにイ草は中が空洞の様になっているので

畳表は、細くて長いイ草を多く織り込んだものがきめが細かくそして耐久性があります四葉のクローバー


左:国産ひのさやかと右:中国産三リン

ちなみに国産は平均イ草使用本数が約8000本

対して中国産は平均イ草使用本数が約5000本

どちらがきめが細かいかは歴然です。

実際ご覧になられるともっと良く分かると思いますが

使われるイ草の本数が多いので国産畳表はズッシリ重く

中国産畳表は嫁の私でも持ち上げられることが出来ます笑2

茶色い筋が目立ちます。


畳表を扱っていると分かるのが

中国産は畳表の真ん中が

膨れた様になっているのが分かります。

イ草の流れが真っ直ぐとは言えません。

選別の段階で同じ長さの物で無いものも

一緒に織ってしまっているからだそうです。

あと旧式の畳織機を使っていせいもあるのだとかあんぐり



国産(ひのさくら)が日に焼けた状態

国産の質の良いものは茶色い筋がほとんど無く

赤っぽくならず、ムラなく均一に焼けます。


日に焼けても綺麗です

このつらっとした美しさがなんともたまりません嬉しい
ハートわび・さびの世界です拍手

当店では畳マイスターが国産畳表を厳選し

一級畳技能士3名がおりますので

安心しておまかせください


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。