旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 共育。TOP日畳ブログ(日常) ≫ 共育。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

共育。

今年も新たに新入社員が3名加わり

また新たな新生山下畳商店に

生まれ変わろうとしています

畳屋にとって3月・4月は忙しいのも

あいまって先輩にとっては大変な時期です。


畳屋の女将になるべく

畳の工場と襖の部屋で

職人として修行してきた私も

早、5年が過ぎました


思えば色んな事で泣いて来ました

まずオートマの免許しか持って

いませんでしたが

父ちゃんの鬼教官のおかげで

ミッションをとり今では

軽トラはもちろんボンゴやダンプも

乗りこなせれる様になりました。


しばらく襖部門の方にいて

最近久しぶりに、畳工場を

手伝ったのですが

昔とった杵柄と言いますか

(いや、言うほど昔でもないですが)

体が覚えているものです。

新しい縁無しの機械以外は

両框・両平・両返し・片平

フォークリフトも(敷地内のみ)

今でも全部使えます

これも一年目に畳のはずし方から

父ちゃんに怒られ泣いたあの日が

あってこそだと思います。


他のスタッフが

私は奥さんということで

注意することをきっと遠慮してしまう分

父ちゃんが厳しくしてくれたので

今があるのだと思います。

(私にとっては仕事中はまさしく鬼。)


若いうちの苦労は

買ってでもしろ

とよく言いますが

本当にその通りですね。


2年前位に後輩が

入った時には

自分自身まだ

経験も少なく自信もなかったので

教えるということに

大変苦労しました。


今では経験も年も重ね

後輩を教え・育てるのに

若干の余裕が出て来ました


人に教えるということが

また難しく

自分も分かっていなくては

教えられないし

10言ったことが10伝わるわけでは

ないので

人に教えながら自分が

悩んだり考えたりして

また成長していくのだなと思います。


とある先生が

教育は

教えるに育てるではなく

共に(ともに)育つのだ。

教育ではなく共育である

とおっしゃっていました。


またしばらく修行の日々が続きそうです














Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。