旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ カビと湿度と日本建築。TOP畳カビ取り ≫ カビと湿度と日本建築。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

カビと湿度と日本建築。

これからの季節に気をつけたいのが

カビの発生です


6月から9月にかけての梅雨時期に

注意が必要です


特に注意したいのは張替え1~2年目の畳。

イキイキとしていてよく呼吸をするので

(よく湿気を吸うので)気をつけなければなりません

焼けて赤くなった畳にはあまり生えません


畳が悪いわけではないのです。

同じ品物(畳)を納めても

カビが出るお家、出ないお家があります。

一番の原因は『湿気』です


湿気の多いお家にカビは発生します。

注意したいのは

・ジメジメ・ムワッとした空気の時には

 天気が良い日には換気をしたりすること。

 (雨の降った翌日は避けましよう)

・畳の上には何も敷かないこと。

・家の周りに池や川や田んぼや

 水が多い地域は窓を開けるより

 除湿機・エアコンのドライが効果的


畳は調湿効果があるので

夏涼しく・冬暖かく快適に過ごせます

しかし室内の湿度が70パーセントを越えると

カビが発生します


いわば畳はお家の湿度のバロメーターです。

日本の家は木造住宅が多いので

多湿を放っておくと

柱など傷んだり、腐りの原因になってしまいます。

ちなみに白アリも湿度の高い所が大好き

やはり管理が必要なのです。

畳にカビが生えるということは

お家の湿度が高いという黄色信号

畳が出してくれています。


万が一、畳にカビが生えてしまったときは

慌ててすぐ拭いてはいけません。

きちんとした対処法で綺麗に取り除く事が出来ます。


をどうぞ

 『畳カビ取りの方法』 


昔ながらの日本建築は

畳もそうですが

襖や障子も調湿効果があります 

障子が雨の日に障子がボヨッと

たるみ、晴れの日にはパンと伸びる。

しかも汚れたら貼り替える事が出来る

素晴らしい先人たちの知恵


おしゃれ・流行という理由だけで

洋風の建築が増えるのはいかがなものでしょう

洋風建築は向こう(外国)の

気候に合った建築・材質で

クロスやフローリングに調湿効果はありません。

風通しも良くありません。

さらに共働きで換気も出来ず

通気の悪いお家が増えています。


春・夏・秋・冬  四季があるのは日本の特徴

やはり日本の気候に合った建築の仕方。

見直される必要があると思います









Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。