旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 敷物新聞TOPお知らせ ≫ 敷物新聞

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

敷物新聞

12月20日付けの敷物新聞さんにご掲載頂きました。

ありがとうございます。


敷物新聞さんご掲載☆


それと気になる記事。

仮設住宅へ畳


『東日本大震災における

仮設住宅は福島、宮城、岩手の3県が

プレハブ建築協会の規格建築部会へ

要請した時点では、床仕上げは

畳はなくクッションフロア敷きだったが

寒さ厳しくなり

畳の方が保温性に富み、

暖かい為、入居者の希望次第では

畳が一間施工されることが可能となった。

~中略~

大体5割から6割の人は

希望しているとの話』

と書いてあります。


東北地方は氷点下にもなりますから

畳が被災者の方々に

少しでも寒さ対策として

役立てば良いなと思います。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。