旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 続☆出仕事in本島!!TOP香川 畳屋 ≫ 続☆出仕事in本島!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

続☆出仕事in本島!!

出仕事in本島 の続き


きれいで丈夫な畳表(イ草)で

まだまだ使えましたので

傷んだ畳縁のみを交換ですが

紋縁の為、技術が要ります


1列目は紋を出す事だけに集中すれば良いのですが

問題は2列目から。


綺麗に丸紋を出す事にさらに、隣並びの紋の位置と合わす

この難しさは手縫いで紋縁の畳を縫った人で無ければ

分かりません。


2列目以降は

1列目の何メートル・何センチの位置までに

丸紋が何個入っているか数え、

計算してから鋲で仮止めをしてから

手縫いがスタート 



良い材料が使われているのでしょう

畳床(土台が)硬い硬い

さすが大教会様の畳・・・

一筋縄ではいかんな・・・

しかし、他の分教会様で頂いた当店の仕事を

見て納得頂いての再びの仕事のご依頼(期待)、

我々も期待に応じなければ

the手仕事!!

紋を綺麗に出せた所で

香川県伝統工芸士(古式畳)でもある当店2代目から

これではいかん!中の紋(菱部)まで

合わせないかん!

との叱咤が飛ぶ。

はい。泊り込み決定


あ、ちなみに分からない人に古式畳とは

こういう畳です 当店2代目製作古式畳

四方に紋縁をつけると言う事は

紋を何個出して合わすという計算力も必要不可欠。

古式畳☆

やっぱりせっかくお客様と知り合って

仕事を買ってもらうのだから

売れる畳より、喜ばれる畳にせんと

紋を合わす!!

黄金色に輝く畳にきちっと丸い紋が浮かんでおります

中の菱の所も見ていただきたいです

広い!

2日半無事に終わりました

使用畳縁/高麗縁 白大紋 

島でしたので泊り込み、奥様たちに

お風呂やお食事の用意を頂きました

お茶やお菓子まで本当に

お世話になりありがとうございました

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。