旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ガラスを軽くする方法☆TOP障子貼替え  ≫ ガラスを軽くする方法☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ガラスを軽くする方法☆

アクリワーロン♪

お客様からのご依頼で

ガラス部をアクリワーロンに交換しました

仕様/P-95 ホワイトフォール 2.0mm

ガラスをアクリルに替える方の大半の理由は

ガラスの重みに耐えかねて。

年齢を重ねるごとに握力も低下するので重さに耐えかねて

軽いアクリルに交換することで重さがかなり軽減されます。

このことは以前にもご紹介させて頂きました


もうひとつの理由として、普通のガラスより割れにくいです。

わたしの自宅にも雪見障子などガラスがたくさんあって

以前、子供がガラス入りの建具にぶつかって

ガラスが割れ、あわやガラスが子供に

刺さりそうになったことがありました。

そこには今、写真同様にアクリワーロンを入れました。


万が一割れたとしてもガラスほどの重みは無いので

ガラスよりは、当たっても

軽症で済みそうな感じで見ていて安心します

開けるのもスーッと楽になりました


これは地震の多い日本にはおススメの部材です。

ガラスが割れて歩く場がなくなったり、割れた面で

怪我したりすることがあると思います。

アクリルはガラスほどは切れ味が鋭くありませんから



デメリットは価格が高め。

あと熱に弱いことでしょうか

わざわざ火を持っていく人もいないでしょうから

ここは余り気にしなくても良いかと思います。


室内のガラスの重みが気になっている方は

当店にお気軽にご相談下さい


山下畳商店ホームページはこちらから














Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。