旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2015年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP技能グランプリ ≫ ☆技能グランプリ☆

☆技能グランプリ☆

全国技能グランプリ の写真をまたまた頂きました

香川県選手団の皆さんと☆
香川県選手団の皆さんと父ちゃんは一番左です。
県で皆さんおそろいのジャンパーです。
なんと背中に『たーかーのーつーめー』で有名な
秘密結社鷹の爪の絵を入れてる
おしゃれな県があったそうです島根県?

『えー写真とってないん?見たい!』と
父ちゃんに聞いたら
『勝手に他の県の人の背中撮ったらいかんと思ったけん
撮っとらん』とのこと

ちぇっ真面目か!(←タカ&トシのトシ風に。)
あの乱暴なクマが可愛いのに


全国技能グランプリ 会場
会場の幕張メッセ入り口。なんと隣の会場では
乃木坂46のライブ前のリハーサルが
行なわれていて音が外にもれて聞こえてたそうです
すみません。ほんとさっきから余分な情報でしたね

さぁさ本題にいきまっしょい

幕張メッセ!!
会場の幕張メッセ!!広い!!天井高い



 ~父ちゃん競技中の様子~

平刺しを落とす
包丁で平刺し(の藁床)を落とすところ

平刺しを落とす
こう配に注意しながら藁床をザクザク。
完成したら最後に個々に配られた上記写真右側に見えます
四角の箱に入れるので
逆こう配や、ハコに落とそうものなら入りません。
1分(3mm)内に入るようにザクザク。

何かもうね、技能グランプリには魔物が住んでいて
いつもなら畳一枚位の寸法間違わないし、忘れないのに
頭が真っ白になるんだって。手あせも尋常じゃないんだって。

4年前の神戸の技能グランプリをお義父さんと
畳よめと2人で見に行ったから知っているんだ
会場の雰囲気が普段と全く違うことを。
そのとき父ちゃんは仕事で見に行けなかったんだけど
逆に見なくて良かったらしい。



    


畳よめ一度2級の畳製作技能士試験を受けようとした事がありました。
その年なぜか私以外受ける人がおらず、申請書が返ってきました
そんな事起こりえるん?証明写真代返してけろ

父ちゃんならもっと上手く解説できるでしょうが
いかんせんこちら畳よめブログなんでお許しを

ちなみに畳よめブログは父ちゃんの監修なしですのでふふっ。
もし何か間違っていたら教えてくださいね

糸締め
金槌と締め鉤で返しの糸を締めていく所です

糸締め
糸がちぎれる際まで引っ張ってパツパツに
しないといけないそうです。ちなみに糸は支給品で
足りなくなった場合は失格なので無駄なく大事に使います。

道具や材料を大事に使うことは日頃から大切なことです
試験で使う糸は関東のもの。
普段使っている物より短いそうです。

つづく。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL