旧 畳よめブログ☆

香川県高松市の畳一級技能士である三代目のよめです。 国産畳表は赤ちゃんにもやさしい無着色畳表にこだわっています。    内装リフォームを中心に畳・襖・障子・網戸・クロス・カーテン・じゅうたん等取扱い。  創業60周年 現代の名工 畳一級技能士のお店。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ MOZAIKUTATAMI~不揃いな畳たち~TOP畳新調 ≫ MOZAIKUTATAMI~不揃いな畳たち~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

MOZAIKUTATAMI~不揃いな畳たち~

知り合いの大工さんがリフォームしたお家に

斬新かつおしゃれな畳を入れよう

題して

MOZAIKU-TATAMI ~不揃いな畳たち~  

まずは畳職人皆でデザインを考案してみる

誰が書いたものかはあえてヒミツ

エントリー1~5までをご紹介

エントリー№1

エントリー№1

周りアースカラーを中心とした

ピンク×オレンジがアクセントになってます。

お部屋の中心でアソビゴコロ炸裂してます。



エントリー№2

エントリー№2

真ん中に定番カラーのグリーンとイエローの配色。

なぜだかガチャピンを思い出してしまったワタクシ。

これまた斬新~。

実際作ってみてどんな感じになるのか

それも楽しみの一つですね

 
エントリー№3

エントリー№3

アースカラー中心にまとめアソビゴコロの中にも

落ち着いた雰囲気が漂います。。

やっぱりホワイトをどこかに差し色に入れたいなぁ うんうん。


エントリー№4

エントリー№4

左上の市松がひときわ異彩を放ってます。

全体を落ち着かせておいて

一箇所にアクセントを持ってくるパターン。

ホント、何でも出来るね。


エントリー№5

エントリー№5

この中で私的には一番気になるのがこの配色。

実は一番畳職人歴の浅い職人さんのデザイン。

作るのが手間で材料も余分にいる小さな畳を

ふんだんに使う、なかなか畳屋には

勇気(手間のかかる)のいるデザイン

だからこそ(?)小さい畳にアソビゴコロがいっぱいです


やっぱり、畳一筋何年~の人のデザインよりも

畳という形式にとらわれない感じ。

若手のほうが新しい旋風を巻き起こしますね。




さて大工さんの選択待ちです

また完成したら載せますね

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。